ドラマ

最高のオバハン結末ネタバレ!林真理子先生の本から最終回予想!

『最高のオバハン』!面白すぎてはまっています!

役者のみなさんのすばらしさはもちろんのこと、

林真理子先生のヤバイ原作を、あの形に着地させた製作者のみなさん、

すごいです!!ありがとうございます!

今日は、『最高のオバハン』の原作をご紹介し、

ドラマとの違い、かなりヤバイ原作ネタバレと、最終回予想をしていきます!

かなり重要なポイントとなるネタバレがあるので、本をまだ読んでいなくて、

結末を知りたくない方は、ぜひ、ドラマ終了後に答え合わせとして読んでくださいね!

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子先生の本から最終回予測!作者紹介をウィキ風に!

『最高のオバハン』作者

林真理子(本名林真理子)

生年月日:1954年4月1日(67歳)小説家でエッセイスト

作品・受賞歴

直木賞、柴田錬三郎賞、吉川英治文学賞、など、たくさんの章を受章している

2018年紫綬褒章を受章

今までに200冊以上を執筆してなお連載を多数もつ

映画化ドラマ化された作品も多数。

経歴

高校:山梨県立日川高等学校

大学:日本大学藝術学部文藝学科卒業

卒業後、アルバイトをしながら、コピーライターの勉強をして

糸井重里の事務所で働いていたこともある。

1982年、『ルンルンを買っておうちに帰ろう』でデビューするとたちまちベストセラーに。

一躍時の人となってから、最近でもエッセイの連載記録が、ギネスに認定されるなど、

常に第一線で輝き続けている。


you tubeチャンネルもお持ちです。

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子先生の本から最終回予測!ドラマは全何話になる?

『最高のオバハン』は、全8話です。

10話~11話までやるドラマもあるのに、

8話までしかやらないのは残念です。

1話 2021年4月10日
2話 2021年4月17日
3話 2021年4月24日
4話 2021年5月1日
5話 2021年5月8日
6話 2021年5月15日
7話 2021年5月22日
最終回 2021年5月29日

 

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子先生の本から最終回予測!公開された3話までをふりかえる

第1話は、「ハルコ、不倫を斬る」

第2話は、「ハルコ、令和のお家騒動を斬る」

第3話は、「ハルコ、東大女子を斬る」

でしたね!

1冊め、10章分のタイトル

①ハルコ、パリで熱弁をふるう(済)

②早くもハルコが語る(済)

③ハルコ、夢について語る(済)

④ハルコ、縁談を頼まれる(済)

⑤ハルコ、愛人を叱る(済)

⑥ハルコ、母娘を割り切る

⑦ハルコ、セックスについて語る

⑧ハルコ、主婦を叱る

⑨ハルコ、不倫を嘆く

⑩ハルコ、カリフォルニアに行く

ドラマの1話は本の何章にあたる?

1話では日の当たる場所に出ようとする愛人を、

「愛人のくせに調子に乗るんじゃない!」と一喝。

長年の不倫に悩むいづみにも、貸した金を返させて決着を付けさせました。

原作では、いづみの不倫に決着をつけさせるのは原作第1章

愛人を切り捨てたのは原作第5章でした。

ドラマの2話は本の何章にあたる?

つぶれかけたひつまぶしやと、後継ぎ問題にゆれるういろうやに業務提携させるのは

ドラマオリジナルのストーリーですが、

原作では、3章にういろうやの話がでてきます。

メイダイをやめてギタリストになろうとする息子を叱るはずが、

ひとめ息子の顔をみるなり、

「この顔なら女にたべさせてもらえるからよし」とするところは同じです。

ドラマの3話は本の何章にあたる?

今週の、東大卒の編集者の恋愛相談にのるのは、本の第4章です。

学歴に関する差別発言連発の第4章を、どう全国放送できるないように仕上げるのか、

メイダイの時同様、とても楽しみです!

順番は違いましたが、

ドラマの3話までで、10章のうちの5章までを使った感じですね。

とすると、残り最終話までの5話分を、1巻だけでまかなうのは難しそうです。

2巻の方のエピソードも使うことになりますね!

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子先生の本から最終回予測!2巻めのお話は?

2冊目、10章分のタイトル

①ハルコ、縁談をとりもつ

②ハルコ、離婚に反対する

③ハルコ、母親を慰める

④ハルコ、梨園の妻を諭す

⑤ハルコ、韓国人に激を飛ばす

⑥ハルコ、美魔女に出会う

⑦ハルコ、相続について語る

⑧ハルコ、不倫の謎を解く

⑨ハルコ、五十女を脱がす

⑩ハルコ、いずみの背中を押す

実際にドラマに使えそうな内容をピックアップしてみました。

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子先生の本から最終回予測!残り5話はどうなる?

ここからは大胆予想で行きます!

原作のネタバレあり!!!

ハルコ自身の恋の話はない!!

1巻から4話と5話

2巻から6話、7話、最終話

と予想しています!

もっとも難しいのは、

ハルコさん自身の不倫の設定

です。

原作では、ハルコさんは、2回の離婚の後、

「全身が知性」

と言えるような、大企業の役員と十年来の不倫を継続中です。

大企業とは言え会社員が持てるお金は限られているので、

デートの支払いは、すべてハルコさん。

お金を出すのが辛いんじゃない、

人のダンナに10年間もおごらなきゃならない自分がつらいの。」

自分の事では結構気弱なハルコさんの一面がかいま見えます。

しかし、大地真央版ハルコから、気弱な不倫関係は想像できません。

おそらくこの不倫設定は、カット!!と思われます。

4話予想

いづみのアラフォーの飲み友達が、結婚相談所に紹介してもらった相手との結婚を

親に反対されて悩んでいるという相談が。

ハルコは「親から逃げ遅れた。」とバッサリ。

1巻6章の、ハルコ母娘を割り切る、

あたりが描かれるかなと思います。

5話予想

1巻8章の主婦を叱る、あたりが描かれるかなと思います。

専業主婦で、夫の定年退職後の窮屈な暮らしを嘆くハルコの友人を、

人は誰だって人生のオトシマエをつけなきゃいけない時がくる。

私みたいなオンナには孤独、あんたみたいな専業主婦には定年後のダンナ」

とバッサリ。

おそらくここに高橋ひとみさんがでてくるのではないでしょうか。

原作にはない、ハルコさんの従妹でハルコさんにライバル心を燃やす主婦、とありました。

6話予想

いづみの新たな恋がはじまります。

お相手は、育ちは良いが見た目がいまいちな男。

いづみはハルコの友人の家の茶会に招かれるが、

その家の娘が、夫と長年別居していて、夫の要求を受け入れ離婚すべきか悩んでいる。

「ルールを犯した人間にはペナルディを課すべき」

とハルコは、夫都合の離婚には反対。

そして、その男を選んだ娘自身もペナルティを受けるべきだとバッサリ。

2巻の1章2章あたりが描かれるかなと思います。

7話予想

いづみの恋人の親戚の悩み相談をうける。

苦労して入った医大を息子が止めたいといっている。

また別に、梨園の妻で、夫の度重なる浮気を悩む女性のはなし。

「女が離婚しようかどうしようかと人に相談しているうちは別れられない。

女が決心したら、だまってすべてやるわよ。」

2巻の3章4章あたりが描かれるかなと思います。

最終話予想

世田谷の豪邸に住む料理研究家の相続の悩みの相談にのります。

由緒ある古い邸宅は何億もの価値がありますが、

きょうだいと相続でもめて疲れ果てています。

ハルコは

「あの人はもう決めている。わたしに背中をおしてもらいたかっただけよ。」と分析。

つきあってるのに進展のないいづみと彼にイラつくハルコ。

荒療治にでます。

「ちょっと駆け足すれば、幸せになれるってわかってるでしょ。」

ハルコにであって運命が180度かわったいづみに、

シアワセな未来はくるのか?!

最終章は、2巻の7章10章あたりが描かれると思われます!

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子のヤバイ本から最終回予測!ドラマ化できない内容は?

韓国でのロケ、という話がいままでないのでおそらく韓国の章はドラマには登場しないでしょう。

差別的ともとられる表現があると、言われている内容もありますし。

「たった今整形手術してきました、みたいな人が堂々と歩いてる、日本ではありえない」

と、ハルコが心の声を堂々と言ってしまうあたりですね。

また、50オンナと若いインストラクターの恋を結果的に後押ししてしまう章は、

面白いけれど、ちょっと真央さまにはえげつないかなと。

とはいえ、原作のファンが、それほど反発していないのが今回のドラマ制作のすごいところです。

表現的にまずいところや

ハルコさんの中にある物悲しい部分を省いても、

ハルコさんの言っていることの本質は、

より明るくよりゴージャスに、大地真央版のハルコさんで描かれていますので、

安心して見ていられると思います!

そして、このSNSの投稿にもあるように

「ハルコさん、最高だけど最低だあ~」

と笑って思えるような、ただの正義のミカタではない

ハルコさんの姿を最後まで描いてくれるものと期待しています!!

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子のヤバイ本から最終回予測!原作について

キワドイ表現の多い原作『最高のオバハン』が、

かなりマイルドに、そして、品よく、それでも話の本質ははずさない形に

作られていて、安心して見ていられると2話までを見て感じています。

林真理子先生の原作の随所にある差別と偏見の要素をあげつらわず、

何も考えずにドラマを楽しみたい!と思います。

林真理子先生のエッセイなどを読めば、

おそらくご本人が誰よりも差別や偏見に苦しめられてきていたであろうことがわかります。

容姿に関する事を言えば、林先生ほど、ひどい言葉を投げかけられ続けた方も

いないのではないでしょうか。

私がまだ小学生くらいのとき、本当に申し訳ない言い方ですが、

林真理子」=「ブスの代名詞」

という感じだったのです。

絶大な人気があり、あふれるばかりの才能をきらめかせていたので、

芸能人以上のオーラで人々の目を引き付けていたからこその「代名詞」なのですが。

子ども心に、先生の才能をおそれる、特に男性が、

「ブス」「デブ」という安易な言葉で先生をやっつけようとしている

という感じがしました。

20代後半から30代の、まだ娘といってもいいような年齢だった先生にとって、

どれほど辛いことだったか。

先生がそれを、腕1つで乗り越えてきてこられた強さと才覚、

成功している自分への照れ隠しであえて自虐的、露悪的になっている、

それらが、作品の中で、人の心のいやらしさや、それゆえの愛しさなどを描く力に

なっているのでは、と感じられます。

そして、

「どんな条件が悪くても、野心をもって強運な女になりなさい!」

と言われているような気がするのです。

ドラマから先生の作品をまた読み返してみたいと感じています。

最高のオバハンの結末ネタバレ!林真理子先生の本から最終回予測!まとめ

今回は原作から最終回までの予想をしてみました。

林真理子先生の、『最高のオバハン』

原作はドラマよりもかなりどぎつい表現が多いのですが、

ドラマはその本質はかえずに、

視聴者が楽しめるように制作してくれていますね!

大地真央さんの神レベルの美しさや、松本まりかさんのかわいらしさ、また

名古屋のご当地のネタなど、内容の圧倒的な充実感が、

偏見について語る意欲をなくさせるのだと思います。

偏見に満ちたハルコさんの意見も、そういいたくなる土台をきちんと作品の中で

作りこんでいるので批判がでにくいと思われます。

この作品をつくってくれた製作者のみなさんに感謝しつつ、

最後まで楽しみたいと思います!

ここまでお読みいただき有難うございました。