ザ・マジック実践記

ザマジックやってみた感想10日め!良いことが数珠つなぎでやってくる!

ザ・マジックをやってみた感想10日目です。

10日目は、魔法の粉を出会う人すべてに振りかける、という実習です。

今日は、10人に感謝の気持ちを伝える日です。

簡単でしょうか。

家族もいれれば、10人に感謝の気持ちを伝えることはそれほど難しくなさそうです。

でも、今回は、ロンダ先生の教えてくれるやり方で感謝するところがポイントですので、

先生の本を熟読の上実践してみてくださいね!

ザマジックやってみた感想10日め!良いことが数珠つなぎでやってくる!

どうやって、誰に感謝をするの?

今回、感謝の気持ちを伝えるのは、家族や友人などの親しい人たちだけではありません。

もちろん、親しい人たちにも絶対伝えるのですが、

対象は、必要なときに水が出てくるようにしていくれる水道局の方たち、

カフェで給仕をしてくれるかたたち、作ってくださるかたたち、

バスの運転手さんのみならず、バスを整備したり時間を調整したりしてくださるスタッフの方たち。

品物を並べ売ってくれる方たち、

私に仕事を依頼してくれる方たち、

遊びに来てくれる小さな子供たち、

全員に心の底から、丁寧に時間をかけて、理由も添えて、感謝の気持ちを表します。

ロンダ先生は、その時に、感謝を魔法の粉のようにイメージして、

みんなの幸せを祈って、感謝の気持ちとともに振りかけるイメージをもつそうです。

もちろん、機嫌のよい相手ばかりではないでしょう。

でも、どのような人にも同じ愛のある態度を持つことが大切といいます。

だって、もしかしたら、その人は、すごくつらい状況にあるかもしれない。

愛する人と気持ちが通じ合わず苦しんでいるかも、

山ほどの借金が返せなくて途方に暮れているのかも、

お腹や頭がいたいのかも…。

いくらでもあるでしょう。

だから、私の丁寧な態度が、その人にとっては魔法のように良いことになるかもしれない。

なので、当たり前のように誰に対しても感謝を持ちつづけていこう、というのです。

感謝することは気持ちがいい

感謝の実習をして感じたのは、感謝をするとすごく気持ちがいいです。

本当は私たちは、いろいろなことに感謝しながら生きているのかもしれません。

何も言わずにいたとしても、

(あ、今この人上手にやってくれた、ラッキー。)

くらいに思っているかもしれません。

その自分の気持ちを見逃さず、

(今、自分、人に感謝してたんだ!あったかい気持ちになってたんだ!)

と気が付くことは、ある意味世界が変わることでしょう。

10日目にして、ロンダ先生が、毎日、理由をつけて10個の感謝を書きだしなさい、

といったのは、

実際に人に伝えるときも、自然に、

「~から嬉しかったよ。」

「~から助かった、ありがとう」

と、丁寧にその人の素晴らしいところを口に出して説明できるようになるワーク

だったんですね。

ザマジックやってみた感想10日め!朝の感謝ワークと魔法の粉の効果

朝の感謝ワーク

①寝る前にまだ添い寝が必要な子に抱き着いて寝たら気持ちよくて熟睡できました。

②家族がみんな元気にそれぞれの場所へ出ていきました。これほどしあわせなことはありません。

③子供たちがきちんと朝ごはんを食べられました。午前中頭もよく働くでしょう。

④家の中を綺麗に掃除することができました。掃除をする気力と時間があること、電気がとおっていていつでもスイッチ一つで掃除ができることが幸せです。

⑤ねこさんが私に向かってどたーんと寝転んで甘えてくれました。ツンの多いねこさんなので、朝からのデレがうれしかったです。

⑥おかずがないと思っていたのに、お弁当を作り上げることができました。綺麗なお弁当は子供たちを守ってくれる気がします。

⑦旬の食材を父母が送ってくれました。この時期にアクの強いものをいただくことは体を1年守ることになるので高くても欲しいですが、今年はたくさんのものをいただくことができて本当に感謝しています。

⑧疑問に思っていたお金のことを専門家に聞くことができて納得できました。モヤモヤしていたので本当によかったです。

⑨支払うべきものを支払うことができました。そしてそれに感謝することができてよかったです。

⑩睡眠時間が短いのですが、思いのほか体が動いて助かります。夢に向かってがんばっている感じがすごく好きなので、つい寝ることを忘れてイキナリ寝落ちするのですが、今夜は早めに布団にはいろうと体調管理を考えることができています。

魔法の粉の効果は?

魔法の粉の効果がえぐすぎて、ちょっと自分があざといような気がして

気が引けちゃうほどでした。2時間の

朝一で買い物や銀行に行かなくてはならなかったので、

本日の実習でやる内容を読んで、朝のワークもしないままに家を飛び出しました。

自転車をこぎながら、街行く人たちがそれぞれ存在してくれるから

この世はこんなに明るくてうまく回っているんだなあ~と思うと、

なんだかみんなで肩をくみながら生きているような気がしてきます。

銀行では特に、私が苦手ないろいろなムズカシイ計算をして銀行を経営して

お金を引き出すことができたり、送金したりしてくれる人たち、

ほんとすごい、ほんとありがとう、という気持ちになりました。

★窓口の女性がすごく丁寧で、いつもはまごつく手続きを私がやりやすいように

すすめてくれました。

★銀行手続きで間違えたと思っていたことが大丈夫だった。

その後、普段キムチしか買わない高級スーパーで

★なぜかお肉の特売をしていたのでイオンより安くお肉大量ゲット!

★なぜか高級食パンも半額で昨日のものを出していたのでこちらもゲット!

★なぜかレジの方が荷物をはこんでくれて、なぜか大量のビニール袋をつけてくれた!

他の店でも

★駐輪場から自転車をだしてくれた

★お土産用のお菓子を選んだら、なぜかキリンビール1本をくれた!

などなど、わずかの時間の間にいいこと尽くし。

みんなが親切にしてくれたりモノをくださったりするのに驚きました。

家に帰ってからも、

★雨を通りがかりの人がおしえてくれて洗濯物が救われる

★大学に行く前の子供と会えておしゃべりがすごく楽しかった

など、感謝してもしきれないいいことが起こり続けています。

私がしたのは本に書かれている通り、お店の方たちやちゃんと動いてくれる機械などに

心から感謝をしただけ。

そして、相手の目を見て、普段よりも丁寧にゆっくりと、ありがとうございました、と

感謝の気持ちを伝えただけです。

あ、あと、「~してくれてありがとうございました。」とい

言い方をしていたと思います。

感謝のワークでその理由も書くとよい、とあったので、クセになっていたようです。

なぜこんな良いことが起こったのか考えてみました。

人はだれでも、他人に親切にしたいと思っている。

でも、相手が急いでいそうだったり、目が合わなかったり、言葉が少なかったりすると、

親切心の持って行き場がなくて困ってしまう。

そこに、目が合って、ゆっくりと、ありがとうございました、という人が現れると、

ありあまっていた愛情の向かう先が見つかって、

つい、いろいろとサービスをしたくなってしまうのでは…。

自分が相手の仕事の偉大さに気が付き、すごいな、~してくれて助かった、

ありがとうございます!

と感謝をすると、相手からも同様の温かい気持ちをもらえる、ということだと思います。

ザマジックやってみた感想10日め!良いことが数珠つなぎでやってくる!まとめ

ありがとう、という感謝の気持ちを、理由もふくめて、ゆっくりと丁寧に伝える。

普段言い慣れていないと、ちょっと気恥ずかしくなってしまうかも。

そこをがんばって感謝をつたえられたときの、

化学反応がすさまじかったです。

実習が終わっても、感謝を伝えたい欲求が爆発しますし、

ますます良いことが引き寄せられることがわかりました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。