野球

エボシールド高校野球対応はどれ?ハイゴールドと何が違うの?

エボシールドが高校野球を席巻!どうしてこんなに人気なの?

高校野球のグッズは日進月歩です。

甲子園球児たちを見るまでもなく、我が息子のチームでも、

バッターボックスに立つ選手たちの腕やスネにも

以前よりもコンパクトでスリムに見えるガードが…。

さっそく調査!

この記事でわかること

🥎話題のエボシールドってなに?高いけどほんとにその価値ある?

🥎高校野球対応のものはどれ?

🥎ハイゴールド(同様の成形型ガード)と何がちがうの?

🥎装着の仕方は?

エボシールドをAmazonでチェック!

エボシールドを楽天でチェック!

エボシールド高校野球対応はどれ?値段はいくら?

エボシールドの高校野球対応品は?

お店に到着。うわさのエボシールド!!

値段を聞いてびっくり!

にゃんこ
にゃんこ
レッグガードが10450円!?

今までのガードの倍くらい?

そもそも、上の子のときはレッグガードしていない子もいたし…。

エボシールド高校野球対応品はどれ?

エボシールドは、近くには売っていなかったので、ちょっと遠くの専門店へ。

写真をとっても良いということだったのでとらせていただきました。

こちらはレッグガードです。

楽天:エボシールドレッグガード高校野球対応

下に、エボシールド公式の装着動画を貼っておきますのでごらんいただけます。

レッグガードですね。

右バッター用、左バッター用と、選ぶ必要があります。

こちらはエルボーガードです。

エルボーガードは右左区別なし。

エボシールドは、こんなかんじにいろいろな種類が販売されていて、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エボシールド カスタムフィット エルボーガードWTV6200 カラー
価格:7700円(税込、送料無料) (2022/9/6時点)

 

色もさまざま、ロゴがしっかりはいっているものもありますが、

高校野球の試合では使えません。

高校野球で使うためには、無地ロゴなしで黒か白のものでなくてはいけません。

高校野球対応品の色は黒か白です。

チームで使用するカラーを確認しましょう。

エボシールドの場合、パッケージの表の左上に、

「高校野球対応」と書かれています。

エボシールドってどんなメーカー?

エボシールドは、アメリカジョージア州にある

スポーツプロテクターの専門メーカーです。

創立者は、プロ、大学で協議にかかわった複数の元アスリート。

従来の型押しタイプのものが、パフォーマンスの妨げになっていると感じていました。

そこで、自由に成型ができるテクノロジー(GEL-TO-SHELL テクノロジー)を開発。

これまでになかった軽くて強いカスタムフィット型プロテクティブギアを生み出しました。

選手に合わせてロッカールームで実演する地道な活動を重ね、

安全性と快適性を兼ね備えた商品として全米に広がりました。

この、カスタムメイドできる商品は、アメリカではまたたくまに

一世を風靡しました。

メジャーリーグの数多くの一流選手たちが愛用し、

アメリカの200以上の高校や大学などが使用。

MLBの公式ライセンスも取得しています。

エボシールドってどうしてよいの?

プロテクターは、グローブやバットにくらべて、地味な道具と言ってもいいです。

今までは、そこまでお金をかけてカスタムする、という概念がありませんでした。

せいぜい、S M Lくらい?

なので、3年くらい前は、

サイズを選んで買う
誰かのものを借りる
卒業した先輩がおいていったものを適当に使う
ジャマだからあんまりつけない

というような感じだったはずです。

それが、息子が強豪校と言われるチームに入ってから、

新しくて良い野球道具に関してはお財布ガバガバ!

という野球大好き野球loveなパパママがいーっぱい!

最新式野球道具の見本市のようなものです。

エボシールドも発売と同時に装着する部員が出現!

息子も、けっこう前から知っていたようです。

にゃんこ
にゃんこ
え、エボシールド使っている子多いの?なんで言わなかったの?
さぶ
さぶ
先輩からもらったミズノのがあるからいっかな~と。でも、貸してもらったら、めっちゃ軽くて薄いから走りやすいし、バットも降りやすかったよ!

★自分の足やひじにピッタリのカスタムメイドができる!

★超軽量!走りやすい!バットを振りやすい!

★メジャーの選手と同じもの!みんなもまだあんまりつかっていないので優越感!

良いところはこんな感じですね!

どんな商品?

アルミパックから開封し、空気に触れると固まる特殊素材を使用。

装着後、5分から10分で固まりはじめ、30分くらいで完全に固まり、

体の形状を記憶するプロテクター。

衝撃を分散して吸収し、最小限に抑えてくれる。

エボシールドの特殊技術により、衝撃を分散しながら各層ごとに吸収します。

特殊素材を使用し、超軽量化を実現!

薄くて軽くて、自分の体に完全フィット!

体の小さな女子にもピッタリな素材です!

公式エボシールド装着動画

お店の店頭に、成型方法のポスターがありました。

購入すると、その箱にQRコードがついていて、装着の方法を教えてくれる動画が見れます。

開封する前に、しっかりと動画を見て装着の仕方を理解してから、開封しましょう!

30分で固まる、ということなので、時間としては十分にあるのですが、

初めて動画をみながら開封して…とやっていると、

気持ちが結構あせってくるのだそうです(笑)

せっかく高くてよいものを手に入れたのですから、万全の態勢で形成して

装着していきたいですよね!

まずはしっかり動画を見て、それから開封して、また動画をBGMがわりに

流しながら、ゆったりとした気分で成形していけると最高ですね!

レッグガードの公式動画はこちら!

エルボーガードの公式動画はこちら!

エボシールド高校野球対応はどれ?ハイゴールドと何が違うの?

すごく良い商品で、今までのプロテクターがあわない、と感じていた選手にとっては

とても画期的な商品だ!ということはわかりました。

でも、気になるのはそのお値段。

高くね?今までの倍以上だよ。

息子には思い切りよいものを使用してプレーしてほしい!

でもこの間スパイク買い替えたばかりだよね破綻寸前ですけど…

と早口になりそうな母に、スポーツ店の人が耳よりな情報を教えてくれました!

ハイゴールドなら約半額ですよ!

なあにいいいい!

ハイゴールドって、あの、通の方が持つ国産グローブメーカーですよね?

そこがこのカスタムメイドのガードを作っていると?

エボシールドとハイゴールド、何が違うの?

ハイゴールドは日本のグローブメーカーです。

エボシールドがアメリカで発売された後、日本でもハイゴールド社から

同じように特殊素材が固まるタイプのプロテクターを発表されました。

近くのスポーツ店が、ハイゴールドの商品を置いているというので見てきました。

箱がたくさんならんでいました。

写真をとってもいいということなので外箱の写真をとらせてもらいました。

こちらは、右バッター用、左バッター用の区別がありません。

確認したところ、ハイゴールドのレッグガードは、左右兼用でした。

色は、黒、白、両方あります。

高校野球対応、とは書いていないのですが、ロゴがなく、高校野球対応だそうです。

ハイゴールドは大阪に本社を置く日本の野球用品製造販売メーカー。

日本の会社という安心感がある上に割安である、という

お金を出す親からするとすごくいい品だと思いますが、

実際のところどうなのでしょうか。

店員さんにおききしたところ、

ハイゴールドも、軽くてしっかりしていて、何の問題もないですよ!

とのことでした。

形成の仕方もほぼ同じです。高校野球対応の商品は、エボシールドもハイゴールドもロゴがないので、パッと見わかんないですよ。

なあるほど…。

僕の知り合いでも何人か使ってますけど、何の問題もなさそうですよ。

なあるほど(2回目)

※エボシもハイゴールドも、発売されてからあまりたっていないので、

両方自分のスネやヒジで形成してみて試合でも使用して…

という方の口コミはみつけることができませんでした。

ロゴが全面にだせないということは、パッと見どっちかわからないんじゃないのかな…。

にゃんこ
にゃんこ
じゃ!安い方でいいじゃんね!

と、親としては思うのですが、

良い選手ほど変なところに(ごめんなさい)こだわりをもつものかもしれません。

さぶ
さぶ
メジャーリーガーたちが使っていて、日本ではまだ使っている人が少ない、すっごく高いけど、めっちゃかっこいい!それがエボシ!そもそも、エボシールドじゃないとエボシっていえないじゃん!

確かにエボシって言えないね…。

店員さんが、さわやかに、エボシとハイゴールドの違いについて、

正直、モチベーションアップになるかどうかの問題でしょうね!

と言い切っていたのを思い出す(笑)

※エボシールドとハイゴールドの強度などを計測して同じ、

と言っているのではありません。

あくまで、見た目、作り方、出来上がり、口コミの使用感をみて

日本メーカーへの信頼性もあわせ、店員さんが感じたことと、私が感じたことがベースです。

そのうち、エボシールドじゃなくても、成型型のものはみんなエボシって

よばれるようになるんじゃないかな?

両方ウィダーとよんでいます(笑)

これから先、ほかのメーカーもこのタイプのものを出してくるでしょう。

エボシじゃないのもこの形成方法のプロテクターは

みんなエボシって言われるようになるんじゃないかな…。

子供にどちらを買うべきか

高校生たちに、圧倒的に人気があるのはエボシールドです。

ハイゴールドは二番煎じ。

ハイゴールド使っていたらエボシ、って言えない…

それだけかーい!

って感じですね(笑)

なにしろ、ハイゴールドは、甲子園球児たちも使う日本のグローブメーカー。

あとから作ったものとはいえ、海外の良いものをまねて、本家以上の品質のものを

低価格でつくりあげるのは日本産業のお家芸。

きっといいものに決まっている(ごめんなさい感情論)

とりあえず、スポーツオーソリティーの○○店の方は、

同じようなものですよ、それで値段は3分の2くらいですから!成形の仕方とかほぼ同じですし。ハイゴールドいいですよ!

母としてはこの感じすごくシアワセ!

ポカリスエット高いから、アクエリでいいじゃん!

ウィダー高いから、ウィダーっぽいのでいいじゃん!

って母としては思うのですが、共感してもらえるでしょうか…

うちの息子は我が家の懐事情を知ってか知らずか、プロテクターしない、もしくは

引退した先輩からもらったものを使っていたようです…。

ううううごめんね…なんかさ…💦

さらにベルトも、高校三年間ミズノのふつ~のを使っていたのですが、

そうこうしているうちにまわりはみんな一万円越えのベルトを使っていたらしい…💦

俺ぐらいじゃね?ミズノ

えええええええなんかすんごいごめんね~!!!

でもそうなんでもかんでもいいもの買えばいいってもんじゃないでしょ~

いや、違うんですよね、きっと…。

子供が一生懸命やっている野球、それが少しでも体が楽になるなら、パフォーマンスが一ミリでも向上するなら、親はお金を出すんですよね…強豪校にいる選手の親なら当たり前のことだったのかも…

なんかほんとにごめんなさいだけど、知らなかったのよ…。

エボシも○○も…。知っててもすぐに買ってあげられたかはわからないけれど…。

両方使ったことのある方に話を聞きたかったのですが、

まだ発売されてそう年数がたっていないので、両方使ったことがあるよ!という人は

まわりにはいませんでした。

なので、売り場の人に聞いたはなしになりますが、まとめると、

★断トツに人気があるのはエボシールド

★成形の仕方はほぼ一緒(成形にかかる時間なども一緒)

★見た目も、白、黒なのでほぼかわらない

★見た目や色はほぼかわらないが、微妙にひいき目か

エボシールドの方がシュッツとしてかっこいい

成型に失敗したらどうする?

基本的に、完全に固まるのものなので、成形に失敗したら直すことはできません。

レッグガードもエルボーガードも、ウエアの上から装着するものなので、

家でまた練習着を着てから成形は面倒くさいから部室でやっちゃう、という子が多いかと

思いますが、まわりでほかの部員たちがワイワイしている中でやると

集中してできないこともあるでしょう。

また、固まるまで30分ゆっくりと肘やスネにはめておけるほど、部員たちは暇じゃない。

大抵、

監督がいつまで昼めし食ってんだって怒ってるぞ!

ということになって、固まっていないエボシールド(一万円超え)が、キタナイ部室の棚に

ポンとおかれることになるでしょう。

大体固まっていれば大丈夫かもしれませんが、

ボトッと倒れるかもしれませんし、落ちるかもしれませんし、最悪、

なにこれ?って、先輩が触っちゃうかもしれません。

静かな場所で成形することをお勧めします。